スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中坊との絡み②

2011/02/23 Wed

原チャリに飛び乗った後



猛ダッシュで追いかけます。


もう何も考えられません。


捕まえる事で頭一杯です。



線路沿いから右に曲がった所にいました。


まさか追いかけて来る筈無いとチンタラ走っていたのが



彼らの災いでした。



「待てコラーーーー」


と同時にチャリンコの左に回りこみ


肩を鷲づかみし自転車から下ろします。


「誰に口聞いとんじゃ われ」

「……」

「さっきすれ違いざまになんかゆっとただろ、ボケ」

「ち 違う人に言ったんです。貴方じゃないです。」

「他に誰がいるんじゃ。他の人でもゆったらだめじゃ」

「しかも今何時だと思ってんだ、家どこだ、警察言ったろか」

「家はあっちです、いま空手の帰りです。習い事です。」

「よし分かった。どこ中学だ、学年は、名前は」



彼は素直に答えました。



すらすら言ってたんで感覚的に嘘じゃない感じがしました。



その時点で、やや後悔。


大人気無いなと


しかし大人が注意する事の大切さは、

無関心が叫ばれる今日の社会では必要な事だと確信しております。



「お前等 ふざけんなよ 分かったか」


「はい」



そして彼らと別れました。


なんかすっきりしない夜でした。
スポンサーサイト

コメント

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。